ぜんざい

ゼロオモリ(高圧)加圧時間10分

小豆とおもちさえあれば、食べたい時にすぐ作れる!
小豆は一般に、アクや渋みを取るため、一度ゆでこぼします。
しかし、小豆に含まれるサポニンはゆでこぼすと減少します。
サポニンの効果を期待するならゆでこぼしは無しで。煮汁も食べるぜんざいなら効果的に摂取できます。

印刷する

材料(4人分)

乾燥小豆 1カップ
3カップ(600cc)
焼きもち 適量

調味料

砂糖 1/2カップ

※ゼロ活力なべシュシュッと0分お料理BOOK(取扱説明書)掲載

つくり方
【下ごしらえ】
小豆はきれいに洗い(虫食いのものは取り除く)、水気を切っておく。
渋みが気になる場合は、一度ゆでこぼして渋切りをする。
ゼロ活力なべに下ごしらえした小豆・分量の水を入れ、蓋を閉める。
ゼロオモリ(高圧)をセットする。
強火で加熱し、沸騰してオモリが勢いよく振れたら弱火にして10分加熱し火を止める。
内圧表示ピンが下がったら、オモリを傾けて蒸気を完全に逃してからオモリを外し、蓋を開ける。
【2】に砂糖を加え、好みのとろみがつくまで蓋を開けたまま再び弱火にかけ、焦がさないように煮つめる。器に盛り、焼きもちを入れる。
【注意点】
  • 2.5L/3.0L型では、具材・水を合わせ、目盛の「まめ最大」以下に調節(水は減らさない)。
  • 乾燥小豆1カップは、水につけずに煮るため、通常3カップ(600cc)の水が必要です。

おいしいポイント

豆の形が残るくらいのぜんざいになります。豆がつぶれるくらいがお好みの場合は、弱火加熱時間を20分にしてください。

レシピ一覧へ戻る

>