丸ごとキャベツのごちそうロールキャベツ

ゼロオモリ(高圧)加圧時間10分

シンプルな味付けが、キャベツの甘みをひきたてます。
丸ごと調理できるのはゼロ活力なべならでは。食べごたえも満点です!

印刷する

材料(4人分)

キャベツ 中1個

(A)

合いびき肉 200g
ソーセージ 100g
少々
こしょう 少々
にんにく 1片
ドライトマト 中2個
(無い場合は赤ピーマンでも可)
1と3/4カップ(350㏄)
白ワイン 1/2カップ(100㏄)
薄力粉 適量
ローリエ 2枚
バター 15g
生クリーム 1/2カップ(100cc)
片栗粉 大さじ1(同量の水で溶いておく)
チャービル(あしらい用) 適量

※気がつけば!ゼロ活力なべの達人掲載

つくり方
【下ごしらえ】
キャベツは、芯を中心に直径7~8cmでぐるりと一周切り込みを入れ、
芯と周りの葉をくり抜いて、深さ7~8cm程の穴を開ける。
くり抜いたキャベツは芯を取り、半分を粗みじん切りにし、
塩をまぶして、水分をしぼる(残りのキャベツは、スープやみそ汁の具などにお使いください)。
ソーセージ、にんにく、ドライトマトは、みじん切りにする。
ボウルに、材料(A)と刻んで塩もみしたキャベツを入れ、よく練って、タネを作る。
くり抜いたキャベツの内側にハケで薄力粉をまぶし、タネを詰める。
ローリエを、蓋をするようにのせる。ゼロ活力なべに、
タネを詰めたキャベツ・水1と3/4カップ・白ワイン1/4カップを入れ、蓋を閉める。
ゼロオモリ(高圧)をセットする。
強火で加熱し、沸騰してオモリが勢いよく振れたら弱火にして10分加熱し、火を止める。
内圧表示ピンが下がったら、オモリを傾けて蒸気を完全に逃してからオモリを外し、蓋を開ける。
キャベツは取り出し、ローリエを取り除いて切り分けておく。
残ったスープに、水大さじ2(分量外)・バター・残りの白ワイン・生クリームを入れ、中火で加熱する。塩・こしょう(分量外)で味をととのえ、水溶き片栗粉でトロミを付け、クリームスープを作る。器に盛り付け、クリームスープをかけてチャービルをあしらう。

おいしいポイント

小さいサイズのゼロ活力なべを使う場合は、キャベツを1枚ずつはがしてゆでたもので、タネを包んでください。
その場合の【2】の加圧時間は0分です。

レシピ一覧へ戻る

>