ビシソワーズ

ゼロオモリ(高圧)加圧時間0分

暑い日には、口当たりのやさしい冷たいじゃがいものスープ「ビシソワーズ」はいかが?
ゼロ活力なべなら、ミキサーがなくてもホイッパーで具材をつぶすだけで、口当たりなめらかなスープに仕上がります。
スープを作るついでに、ビタミン豊富な「パプリカのオイル漬け」も作れるレシピです。

印刷する

材料(4人分)

じゃがいも 小10個(400g)
玉ねぎ 1/2個
セロリ 1本
バター 5g
ブイヨン 2カップ(400cc)
牛乳 1カップ(200cc)
小さじ1
こしょう 少々

パプリカのオイル漬け

パプリカ赤 1個
パプリカ黄 1個
少々
ブラックペッパー 少々
オリーブ油 130cc
つくり方
【下ごしらえ】
玉ねぎ、セロリは、葉を取り茎は薄切りにする。
じゃがいもは皮をむき、大きい物は乱切りにする。
パプリカは縦半分に切り、種とワタを取り除く。
ゼロ活力なべにバター、玉ねぎ、セロリ、じゃがいも、セロリの葉を順番に加え、最後にパプリカの皮を下にして入れ、ブイヨン1カップを加え蓋を閉める。
ゼロオモリ(高圧)をセットする。
強火で加熱し、沸騰してオモリが勢いよく振れたら火を止める。
内圧表示ピンが下がったら、オモリを傾けて蒸気を完全に逃してからオモリを外し、蓋を開ける。
セロリの葉、パプリカを取り除き、鍋中の具材をシリコンホイッパーなどでよくつぶし、
残りのブイヨンと牛乳を加えて、再び火にかけてひと煮立ちさせる。塩、こしょうで味を少し薄めにととのえたら(下記ポイント参照)、
火を止めて粗熱を取り冷蔵庫でよく冷す。
【3】のパプリカは真空容器(真空フレッシュボックスなど)に入れ、塩、ブラックペッパー、オリーブ油を加え、真空にしてオイル漬けにする(真空容器が無い場合は、お手持ちの密閉容器をお使いください)。
器に【3】のスープを注ぎ、【4】のパプリカのオイル漬けをトッピングする。

おいしいポイント

●セロリの葉は香味野菜として、圧力調理時に加えると、香りが出て風味がアップします。
●圧力調理した具材はシリコンホイッパーで簡単につぶれますが、より滑らかにしたい場合はミキサーで撹拌(かくはん)してください。
●塩味は冷めると強く感じるので、手順【3】で味をととのえる際は、少し薄めにしてください。
●パプリカのオイル漬けはバゲットやクラッカーにのせて食べたり、サラダや料理の彩りに大活躍します。

レシピ一覧へ戻る

>