大豆と手羽の煮込み

ゼロオモリ(高圧)加圧時間0分

美容によいとされるコラーゲンが豊富に含まれる手羽先は、ゼロ活力なべで煮ると骨離れがとてもよくなり、手羽先から溶け出した旨みは、大豆にしっかりと吸収されるので格別のおいしさです。

印刷する

材料(4人分)

乾燥大豆 1カップ(150g)
鶏手羽先 12本
にんじん 中1/2本
昆布 長さ5cm
1カップ(200cc)

調味料

みりん 大さじ2
砂糖 大さじ2
しょうゆ 大さじ4

※ゼロ活力なべシュシュッと0分お料理BOOK(取扱説明書)掲載

つくり方
【下ごしらえ】
乾燥大豆は、きれいに洗い(虫食いのものは取り除く)、
一晩水につけ、水気を切っておく。
(大豆は一晩水につけると2倍以上にふくらみますが、水切りしたあと、加える分量の水は1カップに。)
にんじんは皮をむき、1㎝角の拍子切りにする。
昆布はサッと洗って水気をふき取り、ハサミで長さ3㎝の短冊切りにする。
ゼロ活力なべを中火にかけ、鶏肉を入れ、両面とも焼く(余分な脂が出てきたら、ペーパータオルなどで拭き取る)。
残りの下ごしらえした材料・分量の水・調味料を加え、蓋を閉める。
ゼロオモリ(高圧)をセットする。
強火で加熱し、沸騰してオモリが勢いよく振れたら火を止める。
内圧表示ピンが下がったら、オモリを傾けて蒸気を完全に逃してからオモリを外し、蓋を開ける。
【注意点】
2.5L/3.0L型では、具材・水を合わせ、目盛りの「まめ最大」以下に調節(水は減らさない)。

おいしいポイント

よりやわらかく仕上げたい場合は、余熱時間を長めに置いていただくか、オモリが振れた後、弱火で1分間加熱してください。

レシピ一覧へ戻る

>