サバのみそ煮

ゼロオモリ(高圧)加圧時間15分

どことなく懐かしい「おふくろの味」。
加圧時間を15分にすると骨までホロホロにやわらかくなります。

印刷する

材料(4人分)

<
サバ 中~大1尾
ごぼう 1本
しょうが 1片
1と1/2カップ(300㏄)

調味料

1/3カップ
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1
みそ 大さじ4

※活力なべで作る大好き!! 肉・魚料理掲載

つくり方
【下ごしらえ】
サバは、頭と尾、ひれを落として内臓を取り、皮つきのまま7等分の筒切りにする。
尾に近い、ちいさな身3つを頭の方の内臓を除いたところにそれぞれ詰めて4切れとする。
ごぼうは、皮をこそげ取り、5cmの長さに切って、太い部分は縦に2つに切る。
しょうがは皮をむいて薄切りにする。
ゼロ活力なべに酒を入れてひと煮たちさせ、しょうゆ、みりん、1と1/2カップの水を加え、煮立ったら、サバとごぼう、しょうがを入れて蓋を閉める。  
ゼロオモリ(高圧)をセットする。
強火で加熱し、沸騰してオモリが勢いよく振れたら弱火にして15分加熱する。
内圧表示ピンが下がったら、オモリを傾けて蒸気を完全に逃してからオモリを外し、蓋を開ける。
蓋を開けたまま中火で加熱する。煮立ったら煮汁をおたまでサバにかけ、煮汁でゆるめたみそを溶き入れて味を調える。器に盛り、煮汁をかけてごぼうをそえる。  

おいしいポイント

みそは加熱調理後、蓋を開けてから加えると風味や香りがとびません。

レシピ一覧へ戻る

>