結婚祝いに圧力鍋を贈ろう|圧力鍋でまいにちごはん|ゼロ活力なべ(圧力鍋のアサヒ軽金属工業株式会社

もらってうれしいウエディングギフト♪
結婚祝いに圧力鍋を贈ろう

結婚祝いに圧力鍋を贈ろう

結婚祝いって、何をプレゼントしていいか悩みますよね。せっかくなので現金や商品券じゃなく実用的なものを贈って喜んでもらいたい、と思うのは私だけではないはず。今回は「おめでとう」の気持ちが伝わる結婚祝いの選び方。そして、結婚祝いに圧力鍋を贈る人が増えてきているわけをご紹介します。(2015年06月19日作成)

こんにちは。アサヒ軽金属スタッフのピロコです。

結婚祝いにあげたいものランキングでも、常に上位にあるのが“キッチングッズ”。
お鍋にキッチン家電、食器、カトラリー、エプロン…キッチングッズは何を選んでも実用的なので、
贈る相手や機会に合わせて選びやすいのが人気の理由です。

そこで、社内で「もし自分の娘のお祝いに、キッチングッズをプレゼントするとしたら何をあげたい?」とアンケートをとったところ、ダントツで人気があったのが圧力鍋でした。

実は今、結婚祝いに圧力鍋を「贈った!」「もらった!」という人がとても増えているんですよ。

ギフト写真

皆に選ばれるその秘密とは、何でしょう?

結婚祝いに何をあげたらいい?

まずは一般的に、皆さんが結婚祝いにどんなものを贈っているのか調査してみました。

金額はいくらが妥当?

結婚祝いには、安価すぎず気を遣わせない程度の金額が妥当です。

  • 親から子へ : 5万円程、もしくはそれ以上
  • 兄弟へ : 3万円程
  • 親戚へ : 2~3万円程
  • 友達や同僚へ : 1~2万円程

でも、あくまで金額は目安。何よりも、「おめでとう」の気持ちを伝えることを優先しましょう。
大切な人が自分を気遣って選んでくれたプレゼントは、どんな価格のものでもうれしいものです。

社内アンケートでは、小物や洋服、オリジナルのぬいぐるみ(ウェルカムベア)を作って親戚や親しい友人にプレゼントした、という手先の器用な社員がいました。
こういう手作りの品もまた、お金では計れない気持ちがこもったうれしいプレゼントですよね。

贈ってはいけないものは?

結婚祝いでは、“忌み言葉”を連想させるプレゼントがタブーとされています。

忌み言葉とは、不幸や縁起が悪いことを連想させる言葉のこと。
新郎新婦がずっと幸せでいられるように、忌み言葉は結婚式やお祝いの手紙では使いません。
贈りものでも、それに通じるものは贈らないことがマナーであり、礼儀です。

例えば…

切れもの

ご存知の方も多いと思いますが、ナイフやはさみなど「縁が切れる」を連想させるものも避けましょう。

割り切れるもの

「別れる」「離れる」を連想させてしまう割り切れる数(偶数)を避けなければいけない、というのも有名な話。市販品でも、ペアやセットものには+α何かがついているのが一般的です。

割れもの

基本的には、ワイングラスやコーヒーカップなど割れものも、避けるのがマナーです。

消えもの

意外と知られていないのが、つい贈りがちなギフト“紅茶”や“食べ物”など。
消耗品は、基本的にはタブーとされています。

結婚祝いにベストマッチな贈りものは…

つまり、結婚祝いには “ずっと使えるもの” “ずっと残るもの”がいいのです。
いつまでも記念に残るし、贈る人にとっても、贈った品物を長く使ってもらえればこんなにうれしいことはありませんよね。

社内アンケートで最も多かったのは、調理器具一式や白物家電(家事の労力を減らしたり、生活に欠かせない家電製品)など、「生活に必要なものを贈りたい」という声。
そして、「実際にもらってうれしかったものは何?」という質問に対しても、圧力鍋や家具・家電などの“実用品”と答えた人が圧倒的に多かったのです!

相手に喜んでもらうためにも、“役立つ実用品” を選ぶようにしましょう。

ギフト写真

結婚祝いに、圧力鍋を贈る人が急増中

高すぎず安すぎず、ずっと使える役立つ実用品…。
そう。
この条件をすべて満たすのが圧力鍋なんです。

では具体的に、どういうシーンで選ばれているかを見てみましょう。

娘さんやお嫁さんへのプレゼントに

圧倒的に多いのは、身内同士の結婚祝いに贈るパターンです。
お母さんから娘さんへ、それにお嫁さんへのプレゼントにもいいでしょう。

ここでは、圧力鍋を贈ったお母さんたち、娘さんたちのエピソードを少しご紹介します。

今までもこれからも自分を見守ってくれるお母さん(お義母さん)からの、
「おいしい料理を作って幸せになってほしい」という温かい想いがひしひしと伝わってきます。

嫁いだ娘にも圧力鍋をプレゼントして2人で圧力鍋料理自慢をしています。

嫁いだ新米夫婦の娘にも、料理の新兵器として贈ってやりたいと思ってます。ごはんの時間が楽しくなるように。

圧力鍋は長年、遺憾なく威力発揮で我が家の食卓を潤わせてくれました。友人に勧めたら、なんと気に入りすぎてお嫁さんにもプレゼントしたとか!
お料理をおいしく上手に作るには、使い勝手の良い道具が、やはり物を言うのです。

2人の姉たちが結婚するときに母からプレゼントされ、私が結婚したときにも買ってもらいました。
4家族の家に、それぞれ使い込んだお鍋があります。
お互いに違う料理を作るので、時々献立を聞きあったりしています。

結婚したばかりで家事に慣れるまでのしばらくの間は、皆さん苦労されているようです。
でも大変だからと言って、新婚早々外食や買ってきたお惣菜続きになってしまうわけにはいきません…。

普段の献立が早くおいしく作れる圧力鍋は、新米主婦の娘さんにこそ必要なものだということを、
人生の先輩たちはわかっているんですね。

圧力鍋をもらった娘さんたち、旦那さんの胃袋をつかんで幸せになってください!

忙しい、共働き夫婦へのプレゼントにも

最近ますます増えている共働き夫婦。
圧力鍋は、時短調理が喜ばれる世代へのプレゼントにも適しているようです。

共働きで毎日弁当持参。
子どもの保育所通いで忙しくても、朝から圧力鍋であっという間においしい炊き立てごはんが作れちゃう。
ごはん用に、小さいサイズの圧力鍋がすごく欲しい今日この頃。。。

義母にプレゼントしていただいて、最初に作ったのがカレーでした。
玉ねぎが苦手で、いつも細かくみじん切りした後、飴色になるまで炒めていたのですが(それだけで1時間くらいかかりました)、圧力鍋ではそれが必要ありません! あまりにも簡単に作れることに驚きました。

圧力鍋が2個あると、カレーとごはんが同時にできて良いです。

圧力鍋2台使い写真

失敗しない、圧力鍋ギフトの選び方

お祝いの品としてもこんなに喜ばれている圧力鍋ですが、
日常使うものですから、贈るときにはいくつか確認しておかなければならないことがあります。

ガス・IHに対応している

ギフトを贈る方のおうちのキッチンは、IHクッキングヒーターではないですか?

ガス派の人も多いですが、IHクッキングヒーターのキッチンも年々人気を増しています。
最近はひとり暮らし用のワンルームだけじゃなく、ファミリータイプのマンションや一軒家でも、オール電化のおうちが増えてきているんですよ。

長年使える圧力鍋は、将来引っ越した時のことも考えてガス&IH両方対応のものを選ぶのが親切です。

IH対応圧力鍋写真

専用レシピがついている

もし、相手が圧力鍋を初めて使う人なら、専用のレシピは必須。
有名メーカーの圧力鍋にはだいたいオリジナルのレシピ集が付属していますが、
もし不安なら一緒にレシピ集をつけてあげると、その心遣いに一層喜んでくれるかも。

私ピロコも、年上の女性からお鍋をいただいたことがあるんです。
その時、お鍋と一緒にその方おすすめのレシピ集をつけてくださっていて、
「さすが、大人の女性の心遣い!」 と感激しました。

細やかな気遣いがとてもうれしかったのを覚えています。

お手入れが楽

圧力鍋って、普通のお鍋よりも、蓋の部分の作りがちょっと複雑なんです。

でも大丈夫。
圧力鍋には“オモリ式”と“スプリング式”があって、“オモリ式”はお手入れが楽なのでおすすめ。
うちの母は几帳面な方なので、以前使っていたスプリング式圧力鍋のバネの部分に汚れがたまるのを見て、「掃除がしにくい」ってぼやいていたことがありました。

贈る方に少しでも「几帳面なところがある」と感じるなら、“オモリ式”の圧力鍋を選んであげると親切かもしれません。
また、構造がシンプルで故障しにくく長く使えるっていうメリットもあるんですよ。
母も、今はオモリ式を愛用しています。

他にも、把手が外せるタイプなどもあるので、いろいろ探してみてください。

ゼロ活力なべ

ガス・IHなど、全熱源対応。シンプル設計がうれしい、世界最高クラスの調理圧146kPa(一般的な圧力鍋の約1.6倍以上の圧力値)を誇るオモリ式の国産圧力鍋。充実のレシピ集付きで、初めての方でもラクラク使いこなせます。

新築祝いや出産祝いにも、圧力鍋?

新築祝い・引っ越し祝い

新築や引っ越しには、お金がかかりますよね。
引っ越し後もしばらくは、足りない家具や日用品にと、いろいろお金がかかるもの…。

圧力鍋は、そんな節約したいファミリーへのギフトにも、ぴったりなんですよ。

長時間火を使わずに調理できるので、とても省エネ!

我が家のガス代の安さに同僚達は唖然…4人家族なのにどうして?と。
圧力鍋で料理してるからガス代の節約もできるし、時間も短時間ですむと説明したら、3人の同僚達は買うことを決めたみたいです。

冬場は、ガス代・電気代などの光熱費の節約に。火を使う時間が、普通の鍋より圧倒的に短いので、
夏場は、キッチンが暑くならずエアコン代の節約にも力を発揮してくれて
長い目で見ても、喜ばれること間違いナシの贈り物です♪

出産祝い

圧力鍋は、出産後のママにとっても、便利な調理器具。

いえ…「持っていなきゃ後悔するよ!」と声を大にして言いたいくらい(笑)、子育てには必要なものだと思います。

息子の離乳食作りに毎日重宝しています。
野菜もやわらかく甘くなるので、好き嫌いもなく、元気いっぱいに育っています。味付けしなくてもおいしいなんて、赤ちゃんには最高ですね!

離乳食作りにもバッチリです。
活力なべのおかげで下の子の離乳食はかなり楽で助かっています。
上の子のときは、他のステンレス多層鍋を使いましたが、圧力鍋の方が段違いに早いです。

料理の素材を短時間でやわらかくできるので、毎日の離乳食作りに大活躍をしてくれるし、
なんと、食器や哺乳瓶の消毒にも使うことができます。
(120℃を超える高温&高圧なので、通常の煮沸で除菌しにくい耐熱性を持つ菌の消毒も期待できますよ。)

出産祝いには、小回りも利いて便利な、小さいサイズの圧力鍋を贈ってあげてはいかがでしょうか。
離乳食のレシピ集もセットで贈ると、喜ばれるかもしれませんね。

最後に

圧力鍋を使ったことがある人ほど、圧力鍋をギフトに贈ることが多いよう。
本人には、普段はなかなか手が出せない価格のお鍋だからこそ、“結婚祝い”“新築祝い”“出産祝い”など人生の記念日に、思い切って贈ってあげてはいかがでしょうか。

または自身の記念日に、家族や身近な人にリクエストしてみるのもいいですね(笑)

時代が変わっても、おいしい料理を作ることはやっぱり家族円満の秘訣なのです。

結婚前はあまり料理をする方じゃなかったという人も「使いだしてから料理が好きになった♪」なんて声もあるくらい。
圧力鍋は人に教えたくなってしまうほど、手軽で便利な調理器具なんですよ。

写真

シェア

この記事を書いたライター

ピロコアイコン

ピロコ

関西在住の鍋好きガール。
鍋を愛するあまり、2012年調理器具メーカー・アサヒ軽金属工業に就職。
自宅で自社製品を使うのはもちろんのこと、休日には友人宅のキッチンを巡り、他社メーカーの鍋やフライパンを使わせてもらっています。
そんな鍋好きの情報網をフルに使って、皆さまに“おいしい”情報をお届けします。

ゼロ活力なべ(圧力鍋)

特集

広里先生のごちそうレシピ
圧力鍋で玄米ごはん
フライパンでパン
メルマガ登録
  • アサヒ軽金属 公式動画チャンネル YouTube