お料理初心者でも安心! 圧力鍋の使い方|圧力鍋でまいにちごはん|ゼロ活力なべ(圧力鍋)のアサヒ軽金属工業株式会社

お料理初心者でも安心!
圧力鍋の使い方

お料理初心者でも安心! 圧力鍋の使い方

圧力鍋って、怖いイメージありませんか? 急にシューシュー言い出すし、使い方を間違っているんじゃないかと不安になりますよね。
でも、正しい使い方を把握しておけば安心できますよ。こちらでは、実際に圧力鍋を使いながら、その使い方をご紹介します。(2015年04月20日作成)

実は簡単!? 圧力鍋の使い方

圧力鍋のあるキッチン

こんにちは! アサヒ軽金属のショーコです。

メルマガのレシピ制作を担当して早1年。
圧力鍋は我が家の台所でほぼ毎日活躍してくれています。

「圧力鍋を普段使いするとは、さすが調理器具メーカーの社員!」なんて、思われましたか? お料理上手だと思いましたか??
違うんですよ、実は使い方はとっても簡単なんです。

「圧力鍋ってなんだか怖い」というイメージを持つ方もいるかもしれません。
でも、正しい使い方を把握しておけば安心できますよね。

時間は短く、おいしさは倍増、とっても便利な圧力鍋。
こちらでは、お料理上手じゃない私が、実際に圧力鍋を使いながら使い方をご説明します!

※こちらの記事は、一般的なオモリ式圧力鍋の使い方について書いています。
 アサヒ軽金属の圧力鍋“ゼロ活力なべ”の使い方はこちらをご覧ください。

圧力鍋の基本的な使い方

それでは、さっそく使ってみましょう♪

メーカーによって細かい部分は異なりますが、基本の使い方は「蓋を正しくセットする」⇒「火にかける」⇒「火を弱める」⇒「放置」⇒「蓋を開ける」の5ステップ。

ここでは、オモリ式の圧力鍋〈ゼロ活力なべ〉で、カレーを作りながらレクチャーしちゃいますね!

その1:材料を入れて、蓋を正しくセットする。

実は手先が不器用、かつ大雑把日本一な私。お野菜とお肉はざっくり切ります。

お野菜とお肉をざっくり切る写真

この大きめ野菜とお肉、そして既定量の水を圧力鍋に入れ、蓋を正しくセット。

圧力鍋に野菜と肉と水を入れる写真

そして、オモリをセットします。

「えっ、カレーなのに具材を炒めないの?」と思ったあなた、心配ご無用です!
でき上がりにご期待ください♪

その2:火にかける。

次に、圧力鍋を鍋底からはみ出ない程度の強火にかけて加熱します。

圧力鍋を加熱する写真

その3:加圧後、弱火にする(または火を消す)。

すると、ピン(手前の黄色い筒状のもの)が上がり始めました。
これが圧力鍋の中に圧力がかかっていることを示すピン。
このピンが上がって少し経つと、蒸気が出てきました。

圧力鍋から蒸気が出ている写真

シュッシュッシュッシュッ・・・

圧力鍋のオモリが揺れている写真

皆さんが思っているより、優しい音かも。
蒸気に揺らされてオモリが勢いよく振れてきたら、火を弱めてレシピに応じた時間加熱します。

マイ圧力鍋〈ゼロ活力なべ〉のカレーのレシピは加圧時間が0分。
すぐに火を止めます。

ゼロ活力なべ

世界最高クラスの調理圧146kPa(一般的な圧力鍋の約1.6倍以上の圧力値)を誇る国産圧力鍋。5層クラッド鋼(アルミ・ステンレスの多層構造)を全面に採用することで高圧力を実現しながら、万全の安全設計「5重の安全システム」を完備しています。

その4:放置する。

火を止めた後も、圧力鍋の中は圧力を保っていて、実はグツグツと材料を煮てくれているんです。
圧力を示すピンが上がったままシューシュー音がしているうちは、蓋を開けず、圧力が下がるのを待ちます。

火は消しているので、圧力鍋にくぎづけにならずとも大丈夫。
洗い物をしながら、気楽に待ちます。

ちなみに私はボンヤリしているので、よく食器を割るんですよ。
圧力調理より、洗い物の方がはるかに緊張します。
アクリルたわしのくまさんが、そんな私を優しく見守っています。

アクリルたわしのくまさん

さて、そうこうしているうちに完全にピンが下がりました。
オモリを傾けてもシューッと言わず、圧力が下がっていると確認できました。
それでは、いよいよオープンです!

その5:蓋を開ける。

蓋を開けたら、お肉と野菜からたっぷり旨みが出たスープが!
はじめに少ししか水を入れていないのですが、野菜からたっぷり水分が出ています。

圧力調理前と圧力調理後の比較写真

ひと口味見をしたら、玉ねぎとにんじんの甘みが強くて、とってもおいしい♪
お肉と野菜を炒めていなくても、コクがあります。

このまま食べても良い気がしてきましたが、今日はカレーでしたね。
気が変わらないうちに、ルウを入れてサッとひと煮立ち。

カレールウ投入後写真

とろみがついたら完成~!
いかがでした? 簡単だったでしょ?

さっそく、いただきま~す!

カレー皿盛り写真

大きめ野菜も、スプーンがすっと入るやわらかさ!
じゃがいももにんじんも、甘くてほっくり。
具材の甘みと旨みはスープにたっぷり出ています。
でも、不思議。具材にもしっかりおいしさが残っているんですよね。
お肉も、とってもジューシーです~♪

そして、カレーがとっても甘い!
甘口カレーが、野菜の甘みでさらに甘くなり、とっても食べやすいんです。
これは、バクバク食べれちゃいますね~。

カレー完食写真

あっという間に完食!
ごちそうさまでした。

注意事項:圧力鍋、これを守って怖さを克服!

私も、初めは圧力鍋に触れるのもドキドキしていました。
でも、取扱説明書に書いてある注意事項を守って、付属のレシピ通りに料理を作ること数回。
だんだん慣れてきて、怖くなくなっていましたよ。

メーカーにより仕様が異なるので、注意事項にも違いがありますが、こちらでは多く圧力鍋に共通する点をまとめました。
ぜひ参考にしてくださいね。

  • 圧力が抜けていないのに蓋を開けない。
  • 加圧する際は、指定の量の水を加える。
  • 空焚きをしない。
  • 蒸気の出口を塞がない。
    (使用前に、蒸気ノズル(蒸気の出口)が詰まっていないか確認する、1度に鍋に入れる材料は必ず規定量以下にするなど。)

最後に

メルマガのレシピ制作担当になる前は、お料理が苦手だった私。
だって仕事から帰ってきてくたくたなのに、料理をするなんて嫌だ! と思っていました。

圧力鍋を使うという発想もありません。
「圧力鍋って扱いにくそう」「お料理上手な人だけが持っているアイテムでしょ?」なんて、思っていたんです。

でも、実際に使ってみてびっくり。

初めて圧力鍋に触った私でも、簡単においしいごはんが作れるじゃないですか♪

なにより自分で作ったお料理がおいしいと、だんだん料理をすることも楽しくなってきて。
「ああ、頑張らなくていいんだなあ」と思えました。

だからこそ、毎日忙しい、お料理が苦手、
そんな方にこそ使ってほしいなあと思います。

写真

※圧力鍋のメーカー・機種によって仕様が異なるため、使い方および注意事項にも違いがあります。
 必ず購入した圧力鍋の取扱説明書をよく読み、ご使用ください。

シェア

この記事を書いたライター

ショーコアイコン

ショーコ

外食続きの日々を送っていた1人暮らしOL。
メルマガのレシピ制作を担当しながら、料理の楽しさに目覚めました。
「忙しくても疲れていても楽しく作れるお料理」を伝えることができるよう、日々頑張っています。

ショーコが担当するメールマガジン【レシピ定期便】のご登録はこちら(無料)

ゼロ活力なべ(圧力鍋)

特集

秋の味覚満載レシピ
広里先生のごちそうレシピ
圧力鍋で玄米ごはん
フライパンでパン
メルマガ登録
  • アサヒ軽金属 公式動画チャンネル YouTube