フライパンでパン作り!オーブンなしでもおいしいパンが焼ける!?|アサヒ軽金属

  • アサヒ軽金属 トップ
  • >
  • アサヒとごはん生活
  • >
  • フライパンでパン作り!オーブンなしでもおいしいパンが焼ける!?

フライパンでパン作り!
オーブンなしでもおいしいパンが焼ける!?

フライパンでパン作り!オーブンなしでもおいしいパンが焼ける!?

専用の道具がないと作れないと思われがちなパン作り。実はフライパンひとつで簡単にできることをご存じですか? オーブンもホームベーカリーも必要なし! 初めての方でも気軽にトライできるパンの作り方と、パン作りに向くフライパンの特長についてご紹介します。(2016年12月12日作成)

こんにちは。アサヒ軽金属スタッフのカオリです。

自他ともに認めるお料理好きな私ですが
パン作りだけはちょっぴり苦手でした・・・。

オーブンで何度かパンを焼いたことはあるんですが、
生地をこねるスペースがいるし、作った後の掃除も大変だったりして
いつの間にかやらなくなっていたんです。

でも、アサヒに入社してから「フライパンでパンが作れる」と知り、
これなら!とチャレンジしてみたところ、予想以上に手軽&簡単でびっくり。
なんといっても、いつものフライパンで気軽にパンを作れるのがポイントです。

フライパンでパン作り

フライパンひとつでOK!基本の簡単パン作り

フライパンで作るパンレシピは、本当に簡単。
『こねる ⇒ 発酵 ⇒ 焼く』 の3ステップだけ。
しかも、その3ステップすべてフライパンひとつでできるんです!

ステップ1:こねる

まず、フライパンにパン生地の材料を入れて混ぜ合わせます。

フライパンでパン生地をこねる

パン作り初心者にとって、生地をこねる作業はすごく大変なイメージが・・・。
でも何度かやって慣れてくると、コツがわかってきます。
手のひらを使って押し伸ばすように、しっかりパン生地をこねてくださいね。

ステップ2:発酵

次に、こねたパン生地の発酵です。

フライパンでパン生地の発酵

1次発酵、2次発酵ともに30分程度、火を止めて放っておきます。
付属の蓋があれば生地が乾燥しないので、使い捨てのラップや布きんは必要ないんです。

ステップ3:焼く

成形したら、パン生地をフライパンへ。

パン生地の成形

火の当たりがやわらかいフライパンを使って、
弱火でじっくりと両面を焼きます。
わが家はガスコンロですが、IHなどお使いの加熱機器によって火力の具合は異なりますので
焼きながらちょうど良い火加減を探ってくださいね。

「フライパンでパン作り」 の詳しいレシピはこちら

リンク:基本のパン│レシピ│アサヒ軽金属工業

オーブンとはひと味違う 『フライパンでパン』の魅力

いかがですか?
フライパンで簡単にパン作りができるイメージが
なんとなくわいてきましたか??

フライパンでパンを作る魅力は、なんといっても手軽で、おいしいところ!
以前は、パンを作るためには、まずボウルを用意して、
パンをこねるスペースを確保して、オーブンを温めて・・・と
下準備を考えただけで、腰が引けてしまってたんですよね。

それに比べると、フライパンはラクラク!
最初はオーブンのようにうまくできるかが心配でしたが、
オーブンとは違った優しい味わいに出合えたのも、うれしい驚きでした。

こねるスペースや道具がほとんど必要ない

こねる・発酵・焼く の3ステップすべてがフライパンの中でできるから、道具はいつもこれひとつ。

こねるための広いスペースを確保しなくていいし、ボウルやラップ、もちろんオーブンも使いません。
準備や後片付けがラクな分、思い立ったらすぐに作れますね。

ホームベーカリーと違って、フライパンは毎日の料理に使えるので、
「使わない時はどこにしまっておこう・・・」と悩むこともありません。

自然な甘みを感じる優しい味

フライパンで焼いたパンは外側がカリッと香ばしく、中はふ~んわりと仕上がります。
手作りとは思えないほどGoodなできばえです♪

フライパンで焼き上げたパン

私がお仕事をご一緒した、同じフライパンを使っている料理研究家さんによると、
オーブンで焼くよりも優しい味に仕上がることが多いとか。
確かに、蒸すように焼くことで塩の角がとれるのか、自然な甘みが際立ちます。

体にやさしい無添加のパンを、自宅で手軽に作れるのもうれしいですよね。
家族の健康を守るのも、主婦の大切な務めですから。
フライパンなら手軽なので、我が家ではしょっちゅう手作りの無添加パンが食卓に並びます。

パン作りに最適なフライパンって?

どんなフライパンでもパンは作れますが
よりパン作りに適したフライパンの材質や形があるんです。
詳しくご紹介しますね。

コーティングされたフライパン

パン生地をこねる時、あっちこっちに生地がくっつくのが嫌・・・という方も多いですよね。
フライパンでパンを作る場合、こねる作業もフライパンの中で行えるので
こねやすさは大事なポイント。

内面がコーティングされていれば、フライパンの中で生地をこねられて省スペース。
パン生地がくっつかずスムーズにこねることができます。
だから打ち粉もいらず、キッチンを汚しません。
焼く時に油を塗ったり、クッキングシートを使う必要もありません。

ほどよい深さは必須!蓋付きであればベター

パンを焼くときには高さが必要なので、深型のフライパンがベスト。
ほど良い深さがあると、材料を混ぜる時に粉の飛び散りも防いでくれます。

パン作りに最適な深型のフライパン

加えて、専用の蓋が付いているもの。ガラス製ならよりベター。
発酵時にラップや布きんが不要なだけでなく、
ガラス製なら発酵具合や焼き具合が見えるので、初めてのパン作りでも安心です。

結論:焦げにくいグラビティー鋳物が◎

フライパンでパンを焼くときに難しいのが、火加減。
生地を焦がさずにふっくらと焼き上げるには、細かい火加減の調整が必要です。

コーティングされたフライパンで多いのがアルミ製のものですが、軽量のものは火の当たりが強く焦げやすいので、弱火でじっくり焼きたいパン作りは難しくなります。

焦げたパン

パン作りに最適なフライパンは
“火の当たりがやわらかく焦げにくい” タイプのもの。
しっかりした厚みがあり、ちょっと重めのフライパン、
いわゆる鋳物と言われるタイプです。

鋳物とは金属を溶かして型に流し込んで作る製品のこと。その鋳物の中でも、金属を流し込む時に圧力をかけずに自然の重力を利用する「グラビティー(重力)鋳造」がパン作りには最適!
この製法だと金属を流し込むときに気泡が入り、それにより全体に均一に熱が伝わるだけでなく、火の当たりがよりやわらかくなり、火加減に失敗しづらいんです。

蓋をすればパン生地の水分蒸発を防ぐので
水分を保ちながら、じっくりとムラなく均一に焼け
パンの表面は香ばしく、中はふんわりと、おいしく仕上がります。

表面は香ばしく、中はふんわり仕上がったパン

これからパン作りにトライしたい方は、まずフライパンを見直すのもアリかも。
パン作りはもちろん、毎日の料理にも活躍する、
使い勝手のよいフライパンにしてみてはどうでしょうか?

フライパンひとつで色々なパンが焼ける!

フライパンで作れるパンって、シンプルな基本のパンだけじゃないんです。
材料や形をちょっと変えた、アレンジパンも楽しいですよ。

オールパン

パンづくりの全工程 『こねる→発酵→焼く』 が1台でまかなえるフライパン。独自素材の多孔質アルミが蓄熱性と包熱効果を高め、焼きムラがないふっくらとしたパンに仕上げます。

最後に

自分で選んだ材料で手作りできるって、やっぱりいいですね。
特に家庭を持ってからは、その気持ちがより強くなりました。

わが家は夫婦2人ですが、子どもができたら、もっともっと食べ物への意識が高まりそう。
子どもには特に、安全で安心な食材を使って
愛情たっぷりの手作り料理を食べさせたいなぁ・・・って思います。

自宅でパン作りを楽しみたい方はもちろん、
大切な家族の食の安全を気にされる方にも。
手軽で簡単に作れるフライパンのパン作り、ぜひおすすめしたいです。

オールパン

シェア

この記事を書いたライター

カオリアイコン

カオリ

食べることが大好きで、仕事でも家でも「おいしいお料理を作ること」を中心に考えています。結婚してからは、家族の体にもおいしい料理を研究中。新しい食材にもどんどん挑戦して、皆さまに役立つ情報をお届けできるように頑張ります☆

オールパン

特集

秋の味覚満載レシピ
作り置き料理
フライパンでパン
キホンは和食
メルマガ登録
  • アサヒ軽金属 公式動画チャンネル YouTube