和を感じる健康玄米混ぜごはん|レシピ|ゼロ活力なべ(圧力鍋)・オールパン(フライパン)のアサヒ軽金属工業株式会社

アサヒの調理器具で作るレシピ

このレシピを…

  • 印刷
  • メール
  • ブログ
イメージ

和を感じる健康玄米混ぜごはん

和を感じる健康玄米混ぜごはん

焼いた干物・塩昆布・香り高い香味野菜を、ゼロ活力なべで炊いたもっちり玄米しょうがごはんに混ぜるだけ!さっと作れて、なおかつおいしい。

使用する調理器具
ゼロ活力なべシリーズ
材料

4人分

  •  玄米

    3カップ(600cc)※洗う前の分量

  •  水

    3と3/4カップ(750cc)

  •  しょうが

    45g

  •  塩昆布

    1/2袋

  •  あじの干物

    150g

  •  青じそ

    20枚

  •  みょうが

    3個

  •  白ごま

    少々

  •  すだち

    2個

  •  塩

    小さじ1/2

●水加減にご注意ください
玄米、水はカップ(1カップ=200㏄)で計量しています。
合(1合=180㏄)ではありませんので、ご注意ください。

  1. 和を感じる健康玄米混ぜごはん0
    <下ごしらえ>
    ●玄米を洗って、10分ザルに上げてしっかり水切りをする。
    ※このレシピでは、玄米を浸水なしで炊き上げています。

    ●具材の下ごしらえ
    ・しょうが・青じそ・みょうがは、千切りにしておく。
    ・あじの干物は、焼いて身をほぐしておく。
  2. 和を感じる健康玄米混ぜごはん1 なべに材料を入れる。
    ゼロ活力なべに下ごしらえした玄米、分量の水(750cc)、しょうが、塩を入れ蓋を閉める。
  3. 圧力調理をする。
    圧力調理の手順

    ※内圧表示ピンが下がっているのを確認する。 オモリを傾け蒸気をすべて逃がしてから、オモリを抜き取り蓋を開ける。

  4. 和を感じる健康玄米混ぜごはん3 塩昆布、あじの干物(焼いて身をほぐしたもの)を加え、ざっくり混ぜ、青じそ・みょうが・白ごまを散らし、すだちを添える。

    ■すだちなどの柑橘の香りで味がグッと締まる!
    ■干物の骨が入らないように注意してください。

イメージ オク★シンのおいしくなるコラム

具は後入れ混ぜごはん

炊いたごはんに調理した具材を後から合わせる混ぜごはん。ひと手間かけた味が簡単にできちゃいます!

このレシピでは、玄米を炊いている間に他の作業はすべてできてしまいます。時間が余って、もう一品何か作れちゃうくらいですよ!

僕は、昼食をとる時間のない現場のときなどに、この混ぜごはんをおにぎりにして持っていって、移動中にさっと食べたりします。お弁当にもぜひ!

その他のおすすめの混ぜごはんですが、きんぴらとアボカドをごはんに混ぜ合わせ、塩、少量のごま油で味付けし、きざみのりをふってできあがり! 簡単&おいしい! 今度きんぴらをつくるときは、ちょっと多めに作って、次の日にぜひ試してみてくださいね。

それと、今回の味の決め手、塩昆布。スライスしたタコ、きゅうり、トマトを塩昆布・ごま油・レモン汁でさっと和えたサラダは、「あれ作って!」とファンが多いです。作り方を教えると簡単すぎてびっくりされます。
このレシピではコレを使いました。

ゼロ活力なべ

詳細

日々のお料理を、ラクしておいしく。
世界最高クラスの調理圧146kPaを誇る、国産圧力鍋。
ガス/IH対応。

圧力がかかったらすぐに火を止めてでき上がる “0分料理” は、
高圧力の『ゼロ活力なべ』だからなせるワザ。

深型・浅型を含め、サイズは4種類。
おいしいごはんを炊くことにこだわった白米専用オモリと、
充実のオリジナルレシピ集付属♪

ゼロ活力なべ

レシピトップに戻る
  • アサヒ軽金属 公式動画チャンネル YouTube