和風玄米リゾット 青じそ梅風味|レシピ|ゼロ活力なべ(圧力鍋)・オールパン(フライパン)のアサヒ軽金属工業株式会社

アサヒの調理器具で作るレシピ

このレシピを…

  • 印刷
  • メール
  • ブログ
イメージ

和風玄米リゾット 青じそ梅風味

和風玄米リゾット 青じそ梅風味

和風だしが染み込んだ玄米リゾットに、きのこの旨みとチーズのコクが合わさって、クセになる味わい。さっぱり青じそと梅の風味がアクセントになっています。

使用する調理器具
ゼロ活力なべシリーズ
材料

5~6人分

  •  玄米

    2カップ(400cc)※洗う前の分量

  •  玉ねぎ

    1/2個

  •  

  • <A>

  •  干ししいたけ

    6枚

  •  干ししいたけ戻し汁

    1カップ(200cc)

  •  しめじ

    1パック

  •  まいたけ

    1パック

  •  だし

    1カップ(200cc)

  • <B>

  •  だし

    2と1/2カップ(500cc)

  •  酒

    大さじ4

  •  梅肉

    40g(約8個分)

  •  薄口しょうゆ

    大さじ2

  •  

  • <C>

  •  粉チーズ

    70g

  •  バージンオリーブ油

    大さじ3

  •  青じそ

    10枚

  •  アスパラガス

    6本

  •  塩・こしょう

    少々

●水加減にご注意ください
玄米、水はカップ(1カップ=200㏄)で計量しています。
合(1合=180㏄)ではありませんので、ご注意ください。

  1. 和風玄米リゾット 青じそ梅風味0
    <下ごしらえ>
    ●玄米を洗って、10分ザルに上げてしっかり水切りをする。
    ※このレシピでは、玄米を浸水なしで炊き上げています。

    具材の下ごしらえ
    ・玉ねぎ・青じそはみじん切りにしておく。
    ・アスパラガスは、ゆでて長さ2~3cmに切っておく。
    ・干ししいたけは、薄切りにし、戻し汁(200cc)はとっておく。
    ・梅干しを包丁でたたき梅肉を作っておく。
  2. 和風玄米リゾット 青じそ梅風味1 なべに材料を入れる。
    ゼロ活力なべにオリーブ油(分量外)を入れ、玉ねぎを軽く炒め、洗って水切りした玄米と、<A>を加える。
  3. 圧力調理をする。
    圧力調理の手順

    ※内圧表示ピンが下がっているのを確認する。 オモリを傾け蒸気をすべて逃がしてから、オモリを抜き取り蓋を開ける。

  4. 和風玄米リゾット 青じそ梅風味3 全体を軽く混ぜ、<B>を加えて火にかけて玄米に吸わせていく。
    最後に火を止め<C>を加える。

    ②圧力調理(炊けた)後、中身を取り出し、乾燥しない程度に冷ましてから、③の工程に移ると、仕上がりの粘り気が抑えられます。

イメージ オク★シンのおいしくなるコラム

風味を引き出す。

料理を「おいしい」と感じる要素のひとつは、風味。風味を引き出すコツをご紹介しますね。

まずは、きのこの風味を引き出すコツです。このレシピでは、数種類のきのこを使っていますが、このことで風味がぐっとアップします。今回は3種類使っていますが、中でも干ししいたけは生にはない濃厚な風味をもっているので、戻し汁までしっかり使いたいですね。

次に、バージンオリーブ油について。名前を聞くと敬遠してしまいそうですが、スーパーで普通に売ってますし、価格もお手ごろな商品が出てきていますので敬遠なさらず!! 

しかし、使うだけでおいしくなるわけではなく、使う「タイミング」が重要なんですよ。バージンオリーブ油は「風味」が命です。その風味を消さないためには、極力熱を加えないことが重要です。ですから、このレシピでも、最後に火を止めてから加えています。



分量のオリーブ油を最初に全て入れた仕上がりと、最後に火を止めてから入れた仕上がりでは、風味に雲泥の差がでるんですよ。今後はこのことを踏まえて、使い方にこだわってみてくださいね。
このレシピではコレを使いました。

ゼロ活力なべ

詳細

日々のお料理を、ラクしておいしく。
世界最高クラスの調理圧146kPaを誇る、国産圧力鍋。
ガス/IH対応。

圧力がかかったらすぐに火を止めてでき上がる “0分料理” は、
高圧力の『ゼロ活力なべ』だからなせるワザ。

深型・浅型を含め、サイズは4種類。
おいしいごはんを炊くことにこだわった白米専用オモリと、
充実のオリジナルレシピ集付属♪

ゼロ活力なべ

料理の幅が広がる!アサヒのオリジナルレシピ集
レシピトップに戻る
  • アサヒ軽金属 公式動画チャンネル YouTube