黒豆|レシピ|ゼロ活力なべ(圧力鍋)・オールパン(フライパン)のアサヒ軽金属工業株式会社

アサヒの調理器具で作るレシピ

このレシピを…

  • 印刷
  • メール
  • ブログ
イメージ

黒豆

黒豆

いざ作るとなると、1日おなべにつきっきりなる黒豆も、ゼロ活力なべなら驚きの『0分料理』!

使用する調理器具
ゼロ活力なべシリーズ
真空フレッシュボックス

2.5L/3.0L/4.0L型では、具材・水を合わせ、目盛りの「まめ最大」以下に調節。※水と調味料は減らさない。

材料
  •  乾燥黒豆

    1カップ(150g)

  •  水

    3カップ(600cc)

  • <調味料>

  •  しょうゆ

    大さじ1/2

  •  砂糖

    1/2カップ

  •  塩

    小さじ1/3

  •  鉄釘(あれば)

    1~2本

おせち料理には欠かせない黒豆ですが、いざ作るとなると1日おなべにつきっきりになってしまいます。ゼロ活力なべなら沸とうしてオモリが振れたあとすぐに火を止めれば、あとは余熱でふっくら簡単に仕上がります!これなら忙しい年末も時間を有効に使えますよね!!

  1. <下ごしらえ>
    ボウルに分量の水・砂糖の半量(1/4カップ)・きれいに洗った黒豆を入れ、一晩つける。このとき鉄釘をガーゼなどに包んで一緒に入れるとより黒く仕上がります。
  2. 黒豆1 ゼロ活力なべに黒豆をもどし汁ごと入れ、蓋を閉める。

    一度に炊ける黒豆の量は、一晩水につけ充分に吸水した状態で、ゼロ活力なべの全容量の1/3まで。

  3. 黒豆2 ゼロオモリ(高圧)をセットし、強火で加熱する。沸騰してオモリが勢いよく振れたら、すぐに火を止めて余熱調理(0分料理)。
    ※活力なべSW型をお使いの方は、オモリを高圧にセットして、オモリが勢いよく振れたら、弱火にして1分加熱し、火を止める。
  4. 黒豆3 内圧表示ピンが下がったらオモリを傾けて蒸気を完全に逃がし、オモリを外し蓋を開け、鉄釘を取り出し、残り半量の砂糖・しょうゆ・塩を加えて弱火で煮詰める。

    煮汁は、ひたひた程度まで煮つめます。黒豆が煮汁から出ないようにすると、シワがよりにくくなります。

イメージ
冷めてから煮汁ごと「真空保存」。「真空フレッシュボックス」なら、浸透圧効果で味がよく染み込みます。
また真空保存なので、市販の密閉容器よりも長く日持ちします。
このレシピではコレを使いました。

ゼロ活力なべ

詳細

日々のお料理を、ラクしておいしく。
世界最高クラスの調理圧146kPaを誇る、国産圧力鍋。
ガス/IH対応。

圧力がかかったらすぐに火を止めてでき上がる “0分料理” は、
高圧力の『ゼロ活力なべ』だからなせるワザ。

深型・浅型を含め、サイズは4種類。
おいしいごはんを炊くことにこだわった白米専用オモリと、
充実のオリジナルレシピ集付属♪

ゼロ活力なべ

真空フレッシュボックス

詳細

保温効果抜群で、臭いがつきにくい
ステンレス製の真空保存容器。

料理の保存だけでなく、生鮮食品の保存に使っても、
酸化や乾燥を防ぎ、鮮度とおいしさを守ります。
下ごしらえや漬物などの、漬け込み調理にも使えます。

真空フレッシュボックス

レシピトップに戻る
  • アサヒ軽金属 公式動画チャンネル YouTube