栗の渋皮煮|レシピ|【公式】ゼロ活力なべ・オールパンのアサヒ軽金属工業

アサヒの調理器具で作るレシピ

このレシピを…

  • 印刷
  • メール
  • ブログ

栗の渋皮煮

栗の渋皮煮

おやつ、付け合わせや前菜に♪ 旬の逸品。

使用する調理器具
ゼロ活力なべシリーズ

2.5L/3.0L/4.0L型では、具材・水を合わせ、目盛りの「2/3最大」以下に調節。 ※水は減らさない。

材料
  • 栗(生栗)

    500g

  • 砂糖

    200g

  • 重曹

    大さじ2

栗は表面につやがあり、丸く太って重いものがおすすめです。

  1. 栗の渋皮煮0
    <下ごしらえ>
    ●栗の渋皮を傷つけないように底部から包丁を入れ、頭に向かって鬼皮をむく。(一晩水に浸けると少し皮がやわらかくなり、むきやすくなります)
     むいたら水に浸けて、20分ほどさらしておく。
  2. 栗の渋皮煮1 〈アク抜き〉
    活力なべにむいた栗とたっぷりの水(1L程度/分量外)、大さじ1の重曹を入れて火にかけ、沸騰したら火を弱め、アクをすくって10分ほどゆでる(圧力蓋は使いません)。水が赤黒くなったら、いったん取り出して、きれいな水で栗を洗う。
    この作業をもう1度繰り返す。
  3. 栗の渋皮煮2 〈栗を洗う〉
    流水にさらしながら、ふやけた渋皮の表面の汚れを指の腹でこすり落とす。
    渋皮の黒い筋は竹串やつまようじで取り除く(このとき栗を傷つけないようにやさしく取り除いてください)。

    ポイント2 汚れや筋を取るとこんなに変わります。
    (汚れと筋を取る前(左)と取ってきれいにした栗(右))

  4. 栗の渋皮煮3 〈圧力調理〉
    栗と栗がかぶるくらいの水、分量の砂糖をゼロ活力なべに入れ、蓋をする。
    ゼロオモリ(高圧)をセットし、強火で加熱後沸騰してオモリが勢いよく振れたら、すぐに火を止める(※1)。

    ※1 活力なべSW型をお使いの方は、オモリを高圧(H)にセットして、オモリが勢いよく振れたら、、オモリの振れが止まらない程度の弱火にして1分加熱し、火を止める。
  5. 栗の渋皮煮4 〈煮詰める〉
    内圧表示ピンが下がったら、オモリを手前に傾けて蒸気を完全に逃してからオモリを外し、蓋を開ける。
    再び火にかけて弱火で焦がさないように注意しながら、煮汁がひたひたになるまで煮詰めていく。

    火加減が強すぎると固くなるので、必ず弱火で調理してください。
    お好みで、栗が冷めてから大さじ1程度のブランデーやリキュールを少量加えてもおいしいです。

すぐに食べる場合には、冷蔵庫で保存してください。数日は保存可能です。
長期保存する場合には、煮沸消毒した清潔な瓶を用いて密封してください。
瓶で保存する場合には仕上がった直後の栗がまだ熱い間にシロップとともにできるだけ瓶の口いっぱいにまで入れ、すぐに密封してください。 栗が冷めてしまいますと、混入した雑菌が死滅せず長期保存できませんので、必ず栗が熱いうちに行ってください。
このレシピではコレを使いました。

ゼロ活力なべ

詳細

日々のお料理を、ラクしておいしく。
世界最高クラスの調理圧146kPaを誇る、国産圧力鍋。
ガス/IH対応。

圧力がかかったらすぐに火を止めてでき上がる “0分料理” は、
高圧力の『ゼロ活力なべ』だからなせるワザ。

深型・浅型を含め、サイズは4種類。
おいしいごはんを炊くことにこだわった白米専用オモリと、
充実のオリジナルレシピ集付属♪

ゼロ活力なべ

レシピトップに戻る
  • アサヒ軽金属 公式動画チャンネル YouTube