秋鮭のブイヤベース|レシピ|ゼロ活力なべ(圧力鍋)・オールパン(フライパン)のアサヒ軽金属工業株式会社

アサヒの調理器具で作るレシピ

このレシピを…

  • 印刷
  • メール
  • ブログ

秋鮭のブイヤベース

秋鮭のブイヤベース

魚介と野菜の旨みが詰まった
ふくよかな味わい。

使用する調理器具
ゼロ活力なべシリーズ
※メールマガジン「レシピ定期便」掲載 メールマガジンのご登録はこちら
材料

4人前

  •  生鮭

    4切れ

  •  有頭エビ

    4尾

  •  イカ(胴の部分)

    1杯

  •  アサリ

    200g

  •  玉ねぎ

    1/2個

  •  長ねぎ

    1本

  •  じゃがいも

    2個

  •  白菜

    1枚(100g)

  •  セロリ

    1本

  •  にんにく

    1片

  •  パセリ

    1枝

  •  ローリエ

    1枚

  •  水

    1/2カップ(100cc)

  •  白ワイン

    1/2カップ(100cc)

  •  トマト水煮(カット)

    1缶(400g)

  •  オリーブ油

    大さじ1

  •  塩、こしょう

    各適量

  1. <下ごしらえ>
    ・鮭は半分に切り、塩、こしょうをふる。
    ・エビは背ワタを取り、水洗いする。
    ・イカはワタを取り、皮を剥いて胴の部分を輪切りにする。
    ・アサリは塩水につけて砂抜きをし、流水でこすり合わせながらよく洗う。
    ・玉ねぎはくし型切りにする。
    ・長ねぎは青い部分はそのまま、白い部分を幅5cmの斜め切りにする。
    ・じゃがいもは3cm角に切る。
    ・白菜は幅5cmに切る。
    ・セロリの葉はそのまま、茎は筋を取り幅5cmの斜め切りにする。
    ・にんにくはみじん切りにする。
    ・トマトの水煮は裏ごししておく。
    ・パセリは飾り用に少量を刻み、残りはそのままにする。
  2. 秋鮭のブイヤベース1 ゼロ活力なべを中火にかけ、充分温まったらオリーブ油を入れて熱し、鮭、アサリ、にんにく、玉ねぎ、ローリエを炒める。

    鮭をはじめに軽く表面を焼いておくことで、身が崩れにくくなり、臭みも取れますよ。

  3. 秋鮭のブイヤベース2 白ワインを加えて加熱し、アサリだけを取り出す(口が開いたアサリから順番にシリコンさいばしなどで取り出していく)。いったん火を止めて、エビ、イカ、じゃがいも、長ねぎ(白い部分)、白菜、セロリ(茎)を入れ、トマトの水煮と水を加え、長ねぎ(青い部分)、セロリ(葉)、パセリ(刻んでいない部分)を上に乗せ、蓋を閉める。

    アサリは火を通し過ぎると旨みが抜けるので、ダシをとったらいったん取り出しましょう。

  4. 秋鮭のブイヤベース3 ゼロオモリ(高圧)をセットし、強火で加熱後沸騰してオモリが勢いよく振れたらすぐに火を止める(※1)。

    (※1)活力なべSW型をお使いの方は、オモリを高圧(H)にセットして、オモリが勢いよく振れたら、弱火にして1分加熱し、火を止める。
  5. 秋鮭のブイヤベース4 ゼロ活力なべの内圧表示ピンが下がったらオモリを傾けて、蒸気を完全に逃がしてからオモリを外し、蓋を開ける。
    (1)のアサリを加えて、蓋を開けたまま再び中火にかけ、塩、こしょうで味をととのえる。 沸騰したら火を止め、刻んだパセリを散らす。
このレシピではコレを使いました。

ゼロ活力なべ

詳細

日々のお料理を、ラクしておいしく。
世界最高クラスの調理圧146kPaを誇る、国産圧力鍋。
ガス/IH対応。

圧力がかかったらすぐに火を止めてでき上がる “0分料理” は、
高圧力の『ゼロ活力なべ』だからなせるワザ。

深型・浅型を含め、サイズは4種類。
おいしいごはんを炊くことにこだわった白米専用オモリと、
充実のオリジナルレシピ集付属♪

ゼロ活力なべ

レシピトップに戻る
  • アサヒ軽金属 公式動画チャンネル YouTube