手作りオイルサーディン|レシピ|ゼロ活力なべ(圧力鍋)・オールパン(フライパン)のアサヒ軽金属工業株式会社

アサヒの調理器具で作るレシピ

このレシピを…

  • 印刷
  • メール
  • ブログ

手作りオイルサーディン

手作りオイルサーディン

イワシを骨まで丸ごと食べられるレシピです。パンにも合いますよ。

使用する調理器具
ゼロ活力なべシリーズ

2.5L/3.0L/4.0L型では、具材・水を合わせ、目盛りの「2/3最大」以下に調節。 ※水と調味料は減らさない。

材料

2人前

  • イワシ

    8尾

  • 適量

  • にんにく

    1片

  • ピンクペッパー

    5粒

  • ローズマリー

    1枝

  • 白ワインビネガー(酢で代用可)

    大さじ2(30cc)

  • サラダ油

    大さじ2(30cc)

  • オリーブ油

    大さじ1(15cc)

  1. 手作りオイルサーディン0
    <下ごしらえ>
    ●イワシは頭と内臓を取り除き、きれいに洗って水分を拭き取る。塩をまんべんなくまぶし、10分程度置いてから、再度水分を拭き取る。
    ●にんにくは薄切りにする。
  2. 耐熱性のボウルに、イワシを並べてにんにく・ピンクペッパー・ローズマリーを入れ、白ワインビネガー・サラダ油・オリーブ油を注ぐ。
    水2カップ(分量外)を入れたゼロ活力なべ(L)にボウルを置いて、蓋を閉める。
  3. 手作りオイルサーディン2 ゼロオモリ(高圧)をセットし、強火で加熱する。沸騰してオモリが勢いよく振れたら、オモリの振れが止まらない程度の弱火にして10分加熱。火を止めて余熱調理(IHはヒーターから下ろす)。
    ※ 活力なべSW型をお使いの場合はオモリを高圧(H)にセットし、同様に調理してください。

    世界最高クラスの調理圧146kPaと約128℃もの高温が魚の骨までもやわらかくします。

  4. 内圧表示ピンが下がったらオモリを手前に傾けて、蒸気を完全に逃がしてからオモリを外し、蓋を開ける。ボウルを取り出して、そのまま粗熱を取り、器に盛り付ける。
    ※熱くなっているので取り出す際はやけどにご注意ください。
このレシピではコレを使いました。

ゼロ活力なべ

詳細

日々のお料理を、ラクしておいしく。
世界最高クラスの調理圧146kPaを誇る、国産圧力鍋。
ガス/IH対応。

圧力がかかったらすぐに火を止めてでき上がる “0分料理” は、
高圧力の『ゼロ活力なべ』だからなせるワザ。

深型・浅型を含め、サイズは4種類。
おいしいごはんを炊くことにこだわった白米専用オモリと、
充実のオリジナルレシピ集付属♪

ゼロ活力なべ

レシピトップに戻る
  • アサヒ軽金属 公式動画チャンネル YouTube