カレーのたね|レシピ|ゼロ活力なべ(圧力鍋)・オールパン(フライパン)のアサヒ軽金属工業株式会社

アサヒの調理器具で作るレシピ

このレシピを…

  • 印刷
  • メール
  • ブログ
イメージ

カレーのたね

カレーのたね

ゼロ活力なべで、続けられる “作り置き生活” を始めましょう。

使用する調理器具
ゼロ活力なべシリーズ
真空おひつ

4.0L/3.0L/2.5L型では、具材・水を合わせ、目盛りの「2/3最大」以下に調節。 ※水と調味料は減らさない。

材料
  • 牛肉(角切り)

    300g

  • じゃがいも

    4個

  • 玉ねぎ

    2個

  • にんじん

    1本

  • にんにく

    1片

  • 塩・こしょう

    適量

  • 1カップ(200cc)

  1. <下ごしらえ>
    牛肉に塩・こしょうをし、じゃがいもは皮をむき4等分、玉ねぎは皮をむきくし形切り、にんじんは皮をむき乱切り、にんにくは皮をむきみじん切りにする。
  2. カレーのたね1 ゼロ活力なべに下ごしらえした材料・分量の水を入れ、蓋を閉める。
  3. カレーのたね2 ゼロオモリ(高圧)をセットし、強火で加熱する。沸騰してオモリが勢いよく振れたら、すぐに火を止めて余熱調理(IHはヒーターから下ろす)。
    ※ 活力なべSW型をお使いの場合はオモリを高圧(H)にセットし、オモリが振れたら弱火にして1分で火を止めてください。
  4. 内圧表示ピンが下がったら、オモリを手前に傾けて蒸気を完全に逃がし、オモリを外し蓋を開ける。
    野菜からの水分がたっぷりと出ていることがわかります。

    ここで野菜から出た水分の味を確かめてみてください。びっくりするほど甘い水分が野菜自身から出てきます。これが0分間カレーの隠し味です。

完成イメージ
イメージ
冷めてから煮汁ごと「真空保存」。
「真空おひつ」が、できたてのおいしさと鮮度をしっかりキープします。

冷蔵で、約6日保存できます。
※作り置きの保存期間は、環境や保存状態により異なります。
作り置き常備菜をより日持ちさせる方法』をお読みのうえで、あくまで目安としてください。
このレシピではコレを使いました。

ゼロ活力なべ

詳細

日々のお料理を、ラクしておいしく。
世界最高クラスの調理圧146kPaを誇る、国産圧力鍋。
ガス/IH対応。

圧力がかかったらすぐに火を止めてでき上がる “0分料理” は、
高圧力の『ゼロ活力なべ』だからなせるワザ。

深型・浅型を含め、サイズは4種類。
おいしいごはんを炊くことにこだわった白米専用オモリと、
充実のオリジナルレシピ集付属♪

ゼロ活力なべ

真空おひつ

詳細

ごはんの炊き立ての味と香りを長持ちさせる
おひつタイプの真空保存容器。

ごはんの保存だけでなく、料理や汁物の保存に使っても、
酸化や乾燥を防ぎ、鮮度とおいしさを守ります。
下ごしらえや漬物などの、漬け込み調理にも使えます。

真空おひつ

レシピトップに戻る
  • アサヒ軽金属 公式動画チャンネル YouTube