七色おはぎ|レシピ|【公式】ゼロ活力なべ・オールパンのアサヒ軽金属工業

アサヒの調理器具で作るレシピ

このレシピを…

  • 印刷
  • メール
  • ブログ

七色おはぎ

七色おはぎ

どれから食べるか、迷うのもワクワク。

使用する調理器具
ゼロ活力なべシリーズ

2.5L/3.0L/4.0L型では、具材・水を合わせ、目盛りの「2/3最大」以下に調節。 ※水と調味料は減らさない。

材料

7種類のおはぎ各3個(21個分)

  • もち米

    3カップ

  • 600cc

  • 基本のつぶあん

    約500g

ゼロ活力なべで作る「基本のつぶあん」レシピは、こちらをご参考ください。
基本のつぶあん・こしあんレシピ

  1. <下ごしらえ>
    もち米は洗ってザルにあげ、30分おく。
  2. 七色おはぎ1 ゼロ活力なべにもち米と水を入れてさっと混ぜ、蓋を閉める。白米オモリ〈低圧〉をセットして強火にかける。オモリが勢いよく振れたら弱火にして1分加熱し、火を止めてそのまま余熱で置いておく。内圧表示ピンが下がったらオモリを傾け蒸気をすべて逃がしてからオモリを抜き取り、蓋を開ける。
    ※活力なべSW型をお使いの方は、オモリを低圧(L)にセットして、オモリが勢いよく振れたら、弱火にして1分加熱し、火を止める。
  3. (1)のもち米をボウルに移し、もち米の粒が半分残るぐらいに潰す。「つぶあんのおはぎ」用に3個分(105g)を取り分け、残りは18等分して丸める。
  4. 基本のつぶあんを、「つぶあんのおはぎ」用に3個分(150g)取り分け、残りは18等分して丸める。
  5. 七色おはぎ4 つぶあんのおはぎ用に取り分けた(2)のもち米を、同じく取り分けた(3)のあんこで包む。そのほかのおはぎ18個は、(3)の丸めたあんこを(2)のもち米で包み、それぞれ3個ずつ、以下のA~Fのように仕上げる。

    A.きな粉/きな粉と砂糖を混ぜたものをまぶす
    B.うぐいす/青大豆きな粉と砂糖を混ぜたものをまぶし、塩ゆでの枝豆をのせる
    C.青のり/青のりをまぶす
    D.黒ごま/もち米の半分に黒煎りごまをまぶし、湯で戻したクコの実をのせる
    E.白ごま/白煎りごまをまぶす
    F.梅風味/大葉で包み、梅肉をのせる

    米をよくもんで、できるだけ粘りを出して広げると包みやすくなります。

完成イメージ
このレシピではコレを使いました。

ゼロ活力なべ

詳細

日々のお料理を、ラクしておいしく。
世界最高クラスの調理圧146kPaを誇る、国産圧力鍋。
ガス/IH対応。

圧力がかかったらすぐに火を止めてでき上がる “0分料理” は、
高圧力の『ゼロ活力なべ』だからなせるワザ。

深型・浅型を含め、サイズは4種類。
おいしいごはんを炊くことにこだわった白米専用オモリと、
充実のオリジナルレシピ集付属♪

ゼロ活力なべ

レシピトップに戻る
  • アサヒ軽金属 公式動画チャンネル YouTube