アサヒの調理器具で作るレシピ

このレシピを…

  • 印刷
  • メール
  • ブログ

カオマンガイ(タイ風チキンライス)

カオマンガイ(タイ風チキンライス)

ゼロ活力なべでごはんと鶏肉を一緒に炊き上げれば、鶏のだしをごはんが吸い込み、おいしさがアップ!

使用する調理器具
ゼロ活力なべシリーズ
※メールマガジン「レシピ定期便」掲載 メールマガジンのご登録はこちら

2.5L/3.0L/4.0L型では、具材・水を合わせ、目盛りの「2/3最大」以下に調節。 ※水と調味料は減らさない。

材料

4人前

  • 鶏モモ肉

    2枚(600g)

  • 白米

    2カップ(400cc)

  • 2カップ(400cc)

  • しょうが・にんにく(すりおろす)

    各1片分

  • 昆布(10cm×10cm)

    1枚

  • 小さじ1

  • 国産レモンの皮(すりおろす)

    1/2個分

  • <ソース>

  •  しょうが・にんにく(すりおろす)

    各1/2片分

  •  鷹の爪(細かく刻む)

    1本

  •  みそ

    大さじ2

  •  しょうゆ

    大さじ1

  •  砂糖

    大さじ2

  •  水

    大さじ2

  • <トッピング>

  •  お好みの野菜

    トマト、きゅうり、サニーレタス、パクチー、デンファレなど

みそをタオチオ(タイ風みそ)、しょうゆをナンプラーに代えると本格的なエスニック料理の味付けに!

  1. <下ごしらえ>
    ●鶏モモ肉は塩をもみこみ、15分置いておく。
    ●白米は洗って30分ほど水につけ、水加減する前に水気を切る。
    ●〈ソース〉の材料を全て混ぜ合わせる。
  2. ゼロ活力なべに白米、水(2カップ)、にんにく、しょうが、昆布、 鶏モモ肉の順番に入れる。風味をより良くしたい場合は、すりおろしたレモンの皮を加えて、蓋を閉める。
    白米オモリ(低圧)をセットし、強火で加熱する。沸騰してオモリが勢いよく振れたら弱火にして1分加熱し、火を止める(※)。
    内圧表示ピンが下がったら、オモリを傾けて蒸気を完全に逃がしてからオモリを外し、蓋を開ける。
    ※活力なべSW型をお使いの方は、オモリを低圧にセットして、オモリが勢いよく振れたら弱火にして1分加熱する。

    鶏モモ肉は皮をしっかり伸ばし、皮目を下にして炊くとよりきれいに仕上がります◎

  3. 鶏モモ肉を取り出し、粗熱をとる。
    その間、ごはん全体を軽くかき混ぜ、布きんなどをかぶせて蒸らす。
  4. 鶏モモ肉を食べやすい大きさにスライスする。
    器に白米を盛り付け、鶏モモ肉を添える。お好みの野菜をのせソースを添える。 お好みで、カットしたレモンを添える。
このレシピではコレを使いました。

ゼロ活力なべ

詳細

日々のお料理を、ラクしておいしく。
世界最高クラスの調理圧146kPaを誇る、国産圧力鍋。
ガス/IH対応。

圧力がかかったらすぐに火を止めてでき上がる “0分料理” は、
高圧力の『ゼロ活力なべ』だからなせるワザ。

深型・浅型を含め、サイズは4種類。
おいしいごはんを炊くことにこだわった白米専用オモリと、
充実のオリジナルレシピ集付属♪

ゼロ活力なべ

レシピトップに戻る
  • アサヒ軽金属 公式動画チャンネル YouTube