コトコトホーム > コトコト荘に集う住人たち コラム > 保温調理で作れるおいしい『粒あん』

保温調理で作れるおいしい『粒あん』

Share on FacebookTweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone

こんにちは「ピロコ」です。

今年の夏もア・ツ・イ!ですね~

真夏のキッチンって、どうしてこんなにツラいの? (ノД`)
野菜を切るとき、洗い物をするとき、
そして何より、お鍋を火にかけるとき、
顔から汗がたれてしまわないように気を遣いながら、キッチンに立っていたんだけど…。

そんな私を見かねた、同じ《コトコト荘》に住むトッキーさんが
[保温調理カバー・クックマフ]を教えてくれました!

トッキー


トッキーさん
「保温調理なら暑い日でも快適だよ!」


さっそく借りてきました。
かわいいオレンジ色の、しっかりしたキャンバス素材の[クックマフ]。

クックマフ写真
この中に[コトコト]を入れるらしいけど…実際、どうやって使うんだろう???

▼詳しい使い方は、こちらの記事でトッキーさんたちが説明してくれています。
コトコト×保温カバー[クックマフ]で、夏を快適に!?

いつもならコンロで煮込むところ、
火からおろしてそのまま[クックマフ]に入れてファスナーを閉めるだけで
保温調理がコトコトでできちゃうそうです。

***

さて。
私ピロコが暑い日に作りたくないと思う料理のひとつと言えば “豆料理”。

豆は体にいいし、普段からよく使う食材ではあるんだけど、
やわらかくするために、火をつけたまま数時間キッチンに立つのが
ツラいんですよね。

スーパーに行けば煮豆も水煮も充実してるから、
夏の間は「市販品でいいや」って手を抜いていたんです。


でも、ひとつだけ妥協できない…あんこ。
大好物だから、好みの味に少量から作れる手作りが、
やっぱり便利なんです。

通常作るときは2時間くらい火にかけっぱなし。

ヾノ・_・`) ムリムリ

だから今回は、
火を使わない保温調理で粒あん作りに挑戦してみました!

[コトコト]と[クックマフ]を使った保温調理なら
1時間ほうっておくだけなんだって。

保温調理で粒あん

〈材料〉

乾燥あずき(よく洗って水気を切る)・・・1カップ(150g)
水・・・1500cc

〈みつ〉
 ザラメ(砂糖で代用可)・・・3/4カップ
 水・・・1/4カップ(50cc)
 塩 ・・・ひとつまみ


〈手順〉

1. 豆をゆでる
  コトコトにあずきと水(1500cc)を入れ、中火にかける。
  沸騰したら、差し水(分量外/1/2カップ)を入れる。再び沸騰したら、2回目の差し水をする。
  (差し水(びっくり水)をすることで、豆の内部へ水が吸収されやすい状態になります)
  蓋をして、弱火で15分加熱する。

粒あん手順1
2. 保温調理
  火から下ろして、クックマフに入れ1時間おく。
  ※1時間後に豆のかたさを確認し、かたければもう一度沸騰させてからクックマフに入れましょう。

クックマフ手順写真
3. みつを作る
  別の鍋に砂糖と水を入れて火にかけ、砂糖が完全に溶けたら、塩を加え、火を止める。

4. 仕上げ
  2をいったんザルに上げてゆで汁を捨て、あずきをコトコトに戻したら、3のみつを加える。
  中火にかけ、ヘラで絶えず混ぜながら好みのかたさに仕上げる。

粒あん手順4
でき上がり。
粒あん写真
***

こんなに簡単にあんこが作れるなら、お盆にはおはぎを作ろうかなぁ。
今から楽しみです(o^-^o)

Share on FacebookTweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone
ピロコ

風邪はほとんどひきません(^-^)
免疫力の高さが唯一自慢の『健康オタク女子』。
最近の趣味は、プールで背泳ぎ。
カロリー控えめ・塩分控えめ・栄養価を意識した料理をよく作ります。
家族そろって健康診断オールAを目指して!
皆さんも一緒にがんばりましょう♪

この住人が書いたコラム一覧を見る⇒
ページトップへ戻る