我が家の自慢のレシピ大募集!

里いもと白米のいももち

【料理家 奥地晋也先生にコメントをいただきました!】
素材の味が引き立つ料理だからこそ、あえて調味料を足さず調理器具の特長を生かしておいしさをアップさせているのが良いですね◎
ヘルシーなうえ、アレンジ次第でおやつにもおかずにもなるのも魅力的です。


材料(5人分)

白米・・・3合(540cc)
水・・・540cc
里いも 6個(360g)

<しょうが味噌のタレ>
しょうが(すりおろす)・・・小さじ2
みそ・・・大さじ2
砂糖・・・大さじ2

※注意
魚焼きグリルで調理する際は、絶対にもち米(もちを含む)を使用しないでください。
急激に膨らんで引火する場合があるため、大変危険です。

作り方

【1】
白米は洗って30分ほど水につけ、
水加減する前にざるに上げ、水気を切っておく。
里いもは皮をむき、大きなものは4等分くらいに切る。


【2】
ゼロ活力なべに白米と分量の水(540cc)、
里いもを入れ蓋をする。
白米オモリ(低圧)をセットして強火で加熱する。
オモリが勢いよく振れたら弱火にして1分加熱し、
火を止める(※)。

┌★<アレンジ!> ─────────
│白米と里いもを炊く時に、
│塩を少々(分量外)加えると、
│素材の甘みが引きますよ!
└────────────────


【3】
内圧表示ピンが下がったら、オモリを傾けて
蒸気を完全に逃がしてからオモリを外し、蓋を開ける。
シリコンヘラで全体を切るようにして混ぜてから、
シリコンヘラのハラの部分で
里芋をつぶしながらごはんと混ぜる。

【4】
丸く平たい形(直径約8cm、厚み1.5~2cm以内)に
成形し、スペースパンに並べる。
魚焼きグリルに入れ、両面焼き(弱火)で
約10分
を目安に、両面にこんがり焼き色がつくまで焼く。
片面焼き(弱火)の場合は約10分
裏返して約7分、を目安に焼く。

【5】
焼き上がったいももちに、しょうが味噌や
しょうが醤油(分量外)をつけていただく。

※ 活力なべSW型をお使いの方は、
オモリを低圧にセットして、
オモリが勢いよく振れたら
弱火にして1分加熱し、火を止める。

《おいしいポイント》
●ゼロ活力なべで炊いたお米はもっちりとしているので、
  食感が一段と良くなります。

●スペースパンなら、いももちの両面が
  短時間でパリッと香ばしく焼き上がります。

●いももちを成形する際は、ラップを使うと手が汚れません。

『我が家の自慢のレシピ!結果発表』のトップページへもどる≪




メルマガはお得で楽しい!
登録するとプレゼント付き!
今すぐメルマガ登録する

※アサヒ軽金属工業のホームページのメルマガです。
  クッキングパークのメルマガとは異なります。